QLOOKアクセス解析

犬・猫の被毛の役割

ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

 ⇒フーリーの公式サイトはこちら

被毛の役割

座っている猫

犬や猫の被毛には重要な役割があります。

 

まずは、敵からの攻撃や、体に衝撃があった時などに防御してくれる役割をしています。特に爪や歯などで戦うことが多い犬や猫には、被毛がないと直接皮膚にダメージを受けてしまいます。

 

さらには、雨が降ってきた時にすぐに濡れないようにする機能や、皮膚が乾燥してしまわない機能、汚れなどから皮膚や体を守る機能も担っています。
特に、外で活動することの多い犬や猫にとっては、泥の中にいる病原菌などが直接肌につくのを防ぐのに大変被毛が役立っています。

 

太陽からの紫外線などから皮膚を守る機能も被毛にはあります。
特に犬の皮膚は薄いので、紫外線などに弱く、ちゃんと毛で皮膚を守らなければいけません。

 

さらに、体温調節にも被毛は大きく役立っています。
毛が生えていることによって、冬の寒さを耐えることができ、夏は抜けることで暑さを軽減してくれています。
寒い地域の犬や猫ほど被毛が多く生えているのも、寒さを防ぐためだとされています。

 

そして、被毛は体を大きく見せることにも役立っています。
よく猫などが喧嘩の時に毛を逆立たせるのも、体を少しでも大きく見せて相手をひるませる効果があるからです。

 

また、犬や猫に生えているヒゲも被毛の一種であり、距離感をつかんだり、
色々なものを察知したりするのに重要な役割を果たしています。

 

このように、犬や猫の被毛の役割は幅広く、かなり重要な役割を果たしていると言えるでしょう。