QLOOKアクセス解析

犬・猫に食べさせてはいけないもの

ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

 ⇒フーリーの公式サイトはこちら

犬・猫に食べさせてはいけないもの

仲良しな子猫と子犬

私たち人間の生活にはさまざまな食べ物があふれています。

 

犬や猫を飼っているとついつい可愛くて食べているものをあげてしまったりすることがありますが、中にはペットたちが食べてはいけないものというのも存在しています。

 

どんなものがいけないのかをきちんと理解しておきましょう。

 

ネギ類

タマネギを代表として、ネギやニラ、にんにくといった「ネギ属」に属している野菜はあげてはいけません。
ネギに含まれている成分がペットたちの血液の中にある赤血球を破壊してしまうのです。
貧血を起こし、呼吸が荒くなったり、嘔吐や下痢、赤い尿が出たりします。

 

ネギの毒というのは加熱しても消えることがありませんので、
ハンバーグなどはペットたちが欲しがっても与えてはいけません。

 

カフェインを含むもの

カフェインの成分であるテオグロシンというものが
下痢や嘔吐、体温不調、失禁・多尿、痙攣などの原因になることがあります。

 

特にチョコレートは危険です。
チョコレートの原料であるカカオに含まれているテオブロミンなどの影響で
中枢神経が刺激されてしまい中毒を起こします。
大量に食べれば心不全を起こして死んでしまう可能性もあるのです。

 

その他

この他にも心臓病や糖尿病のもとになる糖類を多量に含んだお菓子やケーキ、
つい連想してしまいがちな牛乳などの乳製品、
塩分の高い人間の食べものなどは与えてはいけません。

 

私たちの体にいいものが、ペットたちにもいいとは限りません。
正しい知識を持って食べ物を与えましょう。