QLOOKアクセス解析

犬や猫は病気で抜け毛が増えるときもある

ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

 ⇒フーリーの公式サイトはこちら

病気で抜け毛が増えるときもある

耳が短い猫

犬や猫は換毛期に抜け毛が増えていきますが、

病気で抜け毛が増えることもあるので注意が必要となります。

 

特に換毛期の季節でもないのに抜け毛が増えたり、
いつも以上に毛がやたらと抜ける時などは、よく気をつけておいた方が良いでしょう。

 

皮膚炎による抜け毛

犬や猫の抜け毛が増える病気としては、まず、皮膚炎が挙げられます。
特に犬は皮膚炎になることが多く、痒みを訴えることもほえることくらいしかできないので、気づいてあげる必要があると言えるでしょう。

 

原因としては、犬や猫は寄生虫や細菌などによる攻撃に弱いので、そこから発症することがあります。
さらには、ストレスによる湿疹や、食べたものにアレルギー反応を起こしてしまった場合、ホルモンバランスの乱れなどが関係して発症することもあります。

 

人間でもアレルギー性皮膚炎やアトピーは辛いものがあり、なかなか治り難いものでもあるので、
よく獣医師さんに相談したり、原因を探ってあげることが必要と言えるでしょう。

 

ノミがついている

病気とは違いますが、ノミが体についている場合にも抜け毛が増えてしまいます。
特にかゆくてかいてしまうことで毛が抜けてしまったり、
刺されて腫れて毛が抜けることが多いといえるでしょう。

 

その他

その他にも、疥癬(かいせん)になってしまった時や、
なんらかの寄生虫に寄生されている時などにも抜け毛が増えることがあります。

 

人間と同じように、ある程度歳をとると毛が抜けることも多くなりますが、
脱毛症などにかかる確率も高くなるので、脱毛症にも注意が必要だと言えるでしょう。

 

−−−−−−−−−−
いずれにせよ病気や寄生虫が原因の場合は、
早急に動物病院に連れていって診察を受け、適切な処置を施してもらいましょう。