QLOOKアクセス解析

犬 猫 暑さ対策

ペット用ブラシ「FooLee」

 

フーリー

 ⇒フーリーの公式サイトはこちら

犬・猫にも暑さ対策は必要

子猫と犬が鼻で挨拶

犬や猫といったペットを飼っている方は、

ペットの熱中症というのをきちんと視野にいれていますか?

 

犬や猫にも人間と同じように熱中症が存在し、重度になれば命の危険もあるのです。ですから、その可能性があることを頭に入れたうえで夏を乗り切る必要があるのです。

 

では、実際にどのような暑さ対策をしたらよいのでしょうか。

 

猫と犬の危険温度

猫は気温(室温)30度以上、犬は気温(室温)22度湿度60%以上から
熱中症の危険性が出てきます。

 

比較的猫というのは暑さに強い生き物ですので、
そこまで心配はいらないのですが、犬は注意が必要です。

 

特に昼間家を空けてしまうことがある場合などは、
その間に犬が熱中症になってしまわないようにしなくてはいけません。

 

節電するなら、より注意が必要

最近は節電対策などでエアコンを切る家庭も多いと思いますが、
その際にペットたちの体温管理に気をつけましょう。

 

まず、飲み水は多く用意し、切らさないようにすること。

 

そして市販のクールマットなどを用意したり、直射日光が当たらない場所に
ケージを置いたりなどしてペットたちの「避難場所」を確保してあげましょう。

 

部屋の風通しをよくしておくというのもいい方法です。
風上の入口は狭く、風下になる部分は広く開けておくことで
よい風通しを確保することができますよ。

 

人間のように犬や猫は汗をかくことができません。
ですから、飼い主さんがきちんと暑さ対策をしてあげることが重要です。
大事なペットを守るため、節電と共に熱中症対策をしましょう。